ホーム > 受験生 > 法学部で何をどう学ぶか > 学部長メッセージ

学部長メッセージ

 法学部長の山本輝之です。このサイトに示されている内容は、ご覧になっているみなさまはお気づきかと思いますが、新型コロナ対応として特に掲載しているものを除いて、コロナ禍が発生するより前の通常の学生生活を前提にしたものです。残念ながら、現在、私たちは、ここ記載されているような学生生活を学生のみなさんに提供することができない状況にあります。私たちは、このことを大変に悔しく思っています。大学での学びというものは、本来は、学生自らが資料を蒐集したうえで、対面を基礎としてなされるべきものだと考えているからです。

 しかし、他方で、新型コロナウイルス感染症の流行が未だ終息をみない現下の状況、とりわけ、感染力が強く、学生のみなさんも感染すると重症化し、さらには後遺症が残ることも心配される変異株流行への懸念もあることから、やはり、私たちは、大学全体の方針にしたがって対面授業をもうしばらくの間、諦めるほかないと考えています。幸いなことに、現時点においては、私たちは、他の大学や施設におけるような感染クラスターの発生という不幸な出来事に遭遇していません。学生のみなさんをそのような不幸から守ることは、学校が負う安全配慮義務の履行として当然のことだと思っているからです。

 もちろん、私たちは、ただ対面授業をもうしばらくの間諦めて終わりとは思っていません。具体的にいうと、ひとつには、可能なかぎり通常の対面授業に実質的に近づけるように、昨年度来、ハイフレックス授業(対面同時配信授業)や遠隔授業のためのスキルの向上や学部独自の機材の充実に努めてきました。また、もう一つには、大学当局とともに教室機材の拡充や学内各施設における感染予防策の実施を図ってきました。そして、それらは、一定の成果を上げてきているという自負はあります。

 ただ、いくらそれらのことに尽力したからといって、コロナ禍がなかったならばできたであろう学生生活を送りたいという学生のみなさんの当然の希望には応えることができていないのは、十分に承知しています。私たちは、小さな学校の小さな学部ゆえ、できることは、正直にいって限られてはいます。しかし、私たちが、早く本来の大学での学修の姿に戻れ、学生のみなさんが充実した学生生活を送ることができることを心から願っていることに嘘偽りはありません。また、これからも、みなさんの大学での学修を保障する、学びを止めないためにあらゆる努力を行ってまいることも誓います。みなさんには、こうした状況になかで、大変な困難と戸惑い、不満を持たれていることと思いますが、是非以上のことをご理解いただき、ご協力くださることを心よりお願い申し上げます。

2021年6月2日
法学部長 山本輝之

法学資料室facebook 成城大学入試情報サイト 成城ブリッジ
アクセス English
サイトマップ 大学院