ホーム > 法学部について > 専任教員紹介

専任教員紹介

教授

若松 良樹( Yoshiki Wakamatsu )

メール:

担当科目:

法哲学・法思想史

専門紹介 自己紹介 研究内容 学歴 職歴 主な業績 学会活動 その他

専門紹介

専門は法哲学。具体的には、「なぜ法は存在するのだろうか?」「人権はなぜ重要なのだろうか?」「自由とは何だろうか?」といった、およそ何の役にも立たなさそうなことを考えて、ご飯が食べられているという不思議。
最近特に関心を持っている問題。ルールに違反することは悪いことだと思われるけれども、ルールに従わない方が結果としてよい場合もあるし、ルールに従わない結果がはっきりしない場合もある。こういった場合にルール違反をどのように評価すべきか、といったパズルのような問題。こういった問題を考えることによって、合理性や価値といった大きな問題に接近できると思っている。 

自己紹介

趣味はいろいろな問題をあれこれと考えること。これはお金もかからないし、疲れないのでよい趣味です。もう一つの趣味は子育てです。これはお金もかかるし、疲れるのであまりいい趣味ではありません。音楽鑑賞(ジャズ)は考えることと並んで昔からの趣味です。
転勤族の子供として小学校4校、中学校2校を放浪しましたので、あまり同じところにいるのが得意ではありません。典型的な根無し草です。他のジャンルに越境するのが好きで、経済学、哲学、倫理学などにも関心をもっています。要するに、法学が苦手で、そこから逃げようとしているだけの話です。 

研究内容

 

学歴

1977年4月~1981年3月

早稲田大学法学部

1989年3月

京都大学大学院法学研究科博士後期課程単位取得退学

2004年3月

博士(法学・京都大学)

職歴

1994年4月~2001年3月

成城大学法学部助教授

1997年4月~1999年3月

ハーバード大学哲学科客員研究員

2001年4月

成城大学法学部教授

主な業績

<単行本、著書、共著等>

  • 『正義』(共著)嵯峨野書院(2004年)
  • 『センの正義論』(単著)勁草書房(2003年)

<論文、判例評釈、紀要、雑誌記事等>

  • 「人権の哲学的基礎」『ジュリスト』1244号(2003年)
  • 「選択の自由とは何か」『田中成明編『現代法の展望』(有斐閣)』(2004年)
  • 「合理性、自由、パターナリズム」『成城法学』74号(2005年)
 
学会活動

日本法哲学会
IVR日本支部
日米法学会
日本倫理学会 

その他

 

アクセス English
サイトマップ 大学院